Uncategorised

ズンバの音楽は特徴的!色々な音楽が混ざっている!?

ズンバでは、様々な音楽を合わせてフィットネスを行うのが特徴的です。あまり聞きなれないフィットネスであるズンバでは、どんな音楽を使っているのか、その詳細についてご説明します。

ズンバの基本音楽(リズム)は4つ

ズンバには、基本となる音楽が4つあります。

その4つは『メレンゲ』『サルサ』『レゲトン』『クンビア』です。

それぞれにどのような音楽なのか、その特徴をご紹介します。

ズンバの音楽4つの詳細

<メレンゲ>

メレンゲは、ドミニカ共和国が発祥の地で、2拍子の単純なリズムを刻み、同じ強さのビートを出します。

<サルサ>

サルサはキューバ、ニューヨークなどが発祥の地で、8ビートの中で「1、2.5、4、6、7」にアクセントを置きます。

<レゲトン>

レゲトンはプエルトリコやジャマイカが発祥の地で、8ビートの内「1、5」を強調します。

<クンビア>

クンビアはコロンビアが発祥の地で、足が重たいようなイメージで動かします。

ズンバの4つの音楽の基本的なステップ

ズンバには4つの音楽があるとご説明しましたが、それぞれにどのようなステップを踏んでフィットネスを行うのか、詳しくご説明します。

<メレンゲ>

メレンゲではその場で足踏みをして、骨盤を回転させます。次に2ステップで左右に4歩ずつ、次に6カウントで左右合わせて6歩というステップになります。

<サルサ>

サルサでは、左右にサイドステップをして、前後に1歩ずつ、次に2ステップで左右に4歩ずつ、ロックバックで後ろに右足と左足で各々1歩ずつ。

<レゲトン>

レゲトンでは、ストンプというその場で左右の足を交互に出す動きから、二―リフトといって左右のひざを交互にあげる動作、そしてデストロ―ザという足を開いたまま左右のどちらかに骨盤を振り、2ステップバウンスで左右にスライド移動をします。

これらのステップを、それぞれの音楽に合わせて行います。

ズンバの基本ステップとコアステップの違い

ズンバには基本ステップとコアステップという名称がありますが、どちらも同じ意味です。

ズンバはインストラクターが自由に振り付けをするのですが、すべてが自由というわけではなく、「基本ステップ」や「コアステップ」を基準にして行うことが決められています。

ズンバの基本ステップは、世界で共通のステップになります。

まとめ
ズンバの音楽を覚えて楽しくフィットネスをはじめましょう!

ズンバの音楽は4つありますので、それぞれの音楽に身をゆだね、体を自由に動かしてズンバを楽しんでみてください。