Uncategorised

ズンバ初心者が最初にやるべきことやポイントを徹底解説

ズンバを始めてみたいという人は、たくさんいると思いますが「難しそう」と思い、諦めてしまう人もいます。しかし、基本的なことを覚えてしまえば、ズンバは初心者でも楽しく行うことができます。今回はは、ズンバ初心者が最初にやるべきことをご紹介します。

ズンバの初心者は最初に4つのステップを覚えること

ズンバを始めるとき、まず4つのメインステップを覚えることが大きなポイントとなります。

ズンバではラテン系のダンスで使われる、代表的な音楽「メレンゲ」「サルサ」「レゲトン」「クンビア」という4つのリズムを使います。

この4つの音楽をしっかりと覚えることにより、リズムに乗ることができるようになります。

最初はゆっくりとしたテンポで始めるのがおススメです。

メインステップを行うときの重要な4つのポイント

メインステップを覚えるとき、重要なポイントが4つあります。

・お腹にいつも力を入れておく
・お尻を使うのではなく、膝を使う
・4つの音楽をしっかりと聴いて覚える
・アイソレーションの勉強をする

これらのポイントを頭に入れながら、ズンバを覚えていきましょう。

ズンバが難しいと思ったときに初心者がやるべきこと

それでは、ズンバが難しいと感じたときに初心者がやるべきことを、ご紹介します。

<何度も音楽を聴く>

これは当たり前なのですが、ズンバで使われる音楽を何度も聴くことが重要なポイントです。

例えば同じ音楽を使っていても、インストラクターによって振り付けなどが異なりますので、レッスンを受けているのであれば、そのレッスンで使われる音楽を聴くようにしましょう。

<レッスンを変えてみる>

インストラクターによって、ズンバの難易度も変わりますので、自分には難しすぎると思った場合には、インストラクターやレッスンを変えるのも1つの方法です。

速いテンポの音楽をたくさん使うインストラクターもいれば、ゆっくりしたテンポの音楽をメインにしているインストラクターもいます。

ですから、自分に合った音楽のテンポや振り付けなどを吟味するのもいいでしょう。

<振り付けを覚えることができない場合>

ズンバの振り付けはインストラクターにより異なりますので、完全に覚えようとしなくても大丈夫です。

むしろ自分の中で動けるだけ動き、音楽を楽しみながら続けることが1番重要なポイントです。

まとめ
ズンバは初心者でも基本を覚えれば楽しく実践できる

ズンバは基本動作や音楽を覚えて、自分の好きなように楽しみながら体を動かすことができますでで、初心者さんでも難しく考えずに始めることができるでしょう。